2009年05月27日

運動量と力積

皆様こんばんは。

運動量と力積といえば、頻出問題のひとつに「斜衝突」がありますね。静止している物体Bに物体Aが完全弾性衝突し、衝突後は、Aの進入方向に対して、AもBも角度をもって飛んでいくというやつ。

運動量保存則をAの進入方向と、それに直角な方向の2方向について、成分表示で立式し、弾性衝突ゆえに運動エネルギーの和が失われないという式の3式を解くやつね。

計算はすこぶる面倒ですが、流れを知っていれば大丈夫ですね。

さらに、運動量保存則をベクトル方程式の形で立式し、対応する多角形を描いて図形問題に持ち込むととても楽チンに解けたりしますね。

2球が同質量という条件があれば、衝突後のAとBの進行方向のなす角の和が90度になるというのも、定番ですね。
で・・・

近い実例としては、ビリヤードです。

久しぶりに行ってきました。

誕生日ということで、遊びに連れてってあげるわ!と・・・

ひさびさビリヤード。


アタマでは分かっちゃいるんですがね・・・

実際には弾性衝突ではないことや、回転の効果、まさつなども考慮する必要があることもわかっちゃいるんですんがね・・・


あかん・・・


1勝7敗って・・・笑
posted by しもっち at 01:02| Comment(12) | TrackBack(0) | 力学
この記事へのコメント

この前は講習についての質問に答えていただいてありがとうございました!
今年こそ苦手な波動を攻略できるようがんばります。
ちなみに下川先生の電磁気特講受けます!のでよろしくお願いします。

そして遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます♪(^o^)/~~~


僕は医系コースなんですが、第五回の医系演習めっちゃ難しかったです・・・
Posted by おっかけ at 2009年05月28日 00:16
僕は


MBクラスですが


最近


中だるみ期に突入


しました。


来年のことで不安


だのに


中だるみなんか


してる場合じゃ


ないのに(ノ_・。)


夏期は


先生の重心系


をとらせてもらいます(・ω・)/


Posted by L at 2009年05月28日 00:54

先生くらい
物理がわかったら、
身の回りの現象が
全部"物理"の世界として見えてくるんですよね〜~

その世界も楽しそうです―笑.
Posted by コーヒーはブラック at 2009年05月28日 20:35
自分もたまに物事を物理的に考えたりします。

でも、この世界、理屈じゃないことも多いですよね…

ビリヤード……どんまいです。。。
Posted by 骨折4回 at 2009年05月29日 15:47
こんちゃ下川氏!
あぁ5月病です....
電磁気の分野ってつまんないから嫌い
なんですよねぇ...ある程度覚えられる
んですが、すぐに忘れてしまうんです
よ。夏はでもしぬ気で頑張ります!!
神戸であいましょう。
Posted by ヒメクン at 2009年05月30日 21:18
ビリヤードって1回私もやったことありますがめっちゃ難しかったです(>_<)
まずあの棒を支えるのが大変でした。。

でも、先生の考えておられることはもっと難しそうです〜(*_*)笑


ところで、私、先生は20代だと思ってました(*´ω`*)
Posted by まい at 2009年06月01日 22:12
先生に聞きたいんですが、映画などの特殊撮影で大きな建造物などが倒れるところを撮影するのに小さい模型を用いて撮影する場合、スローモーションのように撮影しなければならないと学校の先生が言っていました。その理由ってなぜかわかりますか!?また1/10の模型を用いた場合どの程度ゆっくり時間が経過するように撮影するべきなんですか!?授業中気になったので質問してみましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
Posted by しもっち大好き at 2009年06月04日 01:49
>おっかけさん

お祝いの言葉ありがとうね。
波動がんばろうね!電磁気期待すべし!!
医系の問題は僕が作成しているんですが、回ごとに分野だけでなくいろいろなコンセプトを持たせてるよ。第5回は分野はエネルギーだったけど、裏テーマは作図だね。波動も含め、作図力は差になります。今のうちに鍛えておこう!


>Latさん

「なかだるみ」はしたくなくてもなっちゃうよな・・・
でも、それ乗り越えられるかどうかがデカイぞ!根性決めてついてこんかい!渇!
夏の重心系は、たぶんナカダルミも吹き飛ぶような必殺解法だよ(^^)


>コーヒーはブラックさん

だんだん分かってくるよ。でも、どこまでいっても理論が現実の不確定要素に追いつききらないジレンマってありますね。そこがイラっとくるところだけど、逆にそれがわかると、F1やロケットなどの工業製品が計算どおりに緻密に動作しているのを見ると感動できますね。


>骨折4回さん

4回も骨おったんか!?
痛かったやろ・・・
僕も1回あるけど・・・
お互い気をつけよう。

ビリヤードね・・・
せめて7敗の相手が女の子でなければね…汗


>ヒメクンさん

電磁気に限らずだけど、覚えるのにはコツがあるのだよ!
授業やら講習やらでちゃんと言うていくので、お楽しみに&しっかり叩き込んでね。


>まいさん

20代と思っててくれたか!あんた偉いヨ!これはきっと成績伸びるよ〜!!(笑)
ビリヤードは、考えてもその通りになりませんでした。。。前はもうちょっとマシだったんだけどね。。。歳か!?


>しもっち大好きさん

いい質問だね!
ある物体が落下することを考えてみよう。諸速度が0なら、落下距離は、重力加速度に時間の2乗をかけて2で割った値になりますね。落下距離が10分の1になると、所要時間はルート10分の1になるよね。なので、その分を調整してルート10倍(時間的に)のスロー再生をすれば良いわけだね。だけど、実際には、空気抵抗の影響や物体の質感の違いなどからバレバレな映像になったりします。ちなみに、スタートレックの映画でピカード艦長のエンタープライズ号が墜落するシーンがあるのですが、あれはミニチュアで撮影されたそうですが、あのリアル感は驚きました。
Posted by しもっち at 2009年06月04日 03:24
7敗の相手が女の子って・・・
それはもしかして物理科のM先生ですか!?
Posted by ごんちゃん at 2009年06月06日 23:58
>ごんちゃん

ちがうちがう(笑)
Posted by しもっち at 2009年06月07日 17:46
ちがうんですか〜

仲良さそうにしゃべってるのを見たことがあるんでそうかなって思ったんですけどね〜

Posted by ごんちゃん at 2009年06月08日 23:06
>ごんちゃん

そりゃ同僚ですから・・・
Posted by しもっち at 2009年06月09日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29399929
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック