2009年07月07日

夏期講習が始まるよ!

みんな〜!最近蒸し暑いけど、暑さと自分に負けてないかい?

夏期講習が始まりますね。気合を入れて挑みましょう。
誰よりも「伸び」への貪欲さを持つことを意識しよう。

【重心系】
はじめの2時間は非常に簡単です。
でも、実はその2時間が強烈に重要です。
必殺解法は簡単だからこそ早いわけです。
なので、簡単なことをスルーするのではなく、簡単に思えることこそその「簡単さ」をいかに武器に転化できるかを意識すべきなんです。ということで、はじめの2時間、最大の集中力で「簡単さ」に注目してください。すると残りの4時間での武器への転化が面白いはずです!逆に最初の2時間に貪欲になれないと、残りの4時間を非常に後悔することになります。


【電磁気特講HG】
 強烈に難しい問題はありませんが、テキストの問題を題材にしていろいろな解法を伝授したいと思います。だいたい1日に4問のペースで進むので、そのつもりで予習してきてください。
 電磁気の分野が苦手な人は、公式を使いこなす以前に用語の定義が言えない人が多いです。たとえば次の用語や法則などについて、式や記号でなく、定義や説明文をスイスイ口に出していえるでしょうか?
「電場」「電位」「電気力線」「等電位線」「ポテンシャル曲面」「ガウスの法則」「静電誘導」「誘電分極」「電気容量」「電流」
など。
 ヤバイ・・・って人は、予習のときにそういった用語を教科書できっちり調べてくるようにしてください。それが実はかなり効いてきます!


【物理総合HG】
 だいぶインパクトのある問題が揃っています。このテキストには巻末に解答が載っています。ですので、解き方自体よりも、「なぜその解き方を思いつくのか?」といった、発想力強化のための話に重きをおきたいと思います。この講座をチョイスする人は、それなりに自身があって、オーソドックスな問題は出来るが、複合問題や変わった設定の問題をどう切り崩すかといったところに興味を持っていると思うので、そのあたりをメインにしたいと思います。
 テスト演習がありますが、テキストの講義は基本的に1時間1問のペースで予習をしてくれたらOKです。


【物理頻出問題】
 講座名のとおり、広く一般的に入試で良く出るタイプの問題を扱います。合格難易度によらず、標準問題をおもに出題している大学への対策や、前期に不安材料が残った人のおさらいをかねます。まずは典型問題に対する典型的な解法をきっちり身体に叩き込むことで、安定した得点力を身につけましょう!
 こちらも、1時間に1題ペースと考えてください。


【波動特講】
 様々な実験を含め、波の捉え方の基礎固めをしましょう!通常授業でも言ってきたことですが、式以上に作図力と読図力が重要です。そのあたりもきっちり丁寧に伝授していきたいと思います。波動はいったんつかんでしまえば面白いように点数が取れます。一見難しいと思っていた式も、以外に簡単だったり、ワンパターンだったりします。そういったところをつかんでもらえればと思います。


【高2スーパー物理】
 高校2年生の夏休みで、クラブに熱中したり、友達と遊びにいったりしたい盛りだというのに物理を習いに来るということは、既に君たちは意識が相当高い!なのでパンチある内容をやります。覚悟すべし!いや、君らにとっては、楽しみにすべし!と言ったほうがいいかな?
 まあ、でも難解な話ばっかりするわけでは無いのでご安心を。時間をかけてじっくりと考えるということの向こうに見えてくる物理の面白さを見に行こう!これは誰もができることではないんだけど、君らの意識の高さなら既にそのスタートラインには立っている!さて、楽しみだね。


そんなこんなで、暑い夏に負けずに貪欲に成績UPを狙おう!
「暑い夏」でなく、「熱い夏」にしようね!
posted by しもっち at 02:15| Comment(11) | TrackBack(0) | お勉強
この記事へのコメント
前期の下川先生、宮内先生のおかげで力学に対する苦手意識がだいぶ消えたように思います。

夏休みは一日14時間目標に勉強して秋の模試でなんとしても結果出して…絶対には来春笑いますよ


しっかりサポートお願いします(・ω・)/
Posted by 英語どうしよ!! at 2009年07月07日 20:23
僕は物理は宮内先生の電磁気特講と下川先生の重心系をとりま-す(・ω・)/


僕は電磁気の語句はあやふやですね。見直します!電場も電位もわからない状態なので...
生物から物理に変えたのでこの一年大変ですが、来年笑うために精一杯頑張ります!1日14時間とはいかないと思いますが、やるだけやってみますので
サポートおねがいします(・ω・)ノシ


機会があれば入試問題正解も見にうかがえたらなぁと思います。
Posted by ブラン at 2009年07月07日 22:33
>英語どうしよ!!さん

苦手意識の解消はズバリええ点を取ることです!あと、それを常時可能にする方法論でしょうね。

前期はそのベースとなる基礎をやりました。夏季と後期はテクニックが入ってきます。強力なのいってみましょう!お楽しみに。
Posted by しもっち at 2009年07月08日 02:21
>ブランさん

頑張るという意識があると思うからこそ言うね。ちょっと厳しいかもしれないけど。

今年からやろうが10年やってようが、あやふやだったら意味が無いです。

なので、何としてでもきっちりと叩き込んで、「あやふや」を解消してください。それが出来ないなら来年になろうが10年後になろうが笑えません!

笑うやろ!?な!笑うんだよな!

おっしゃ!頑張れ!!そのサポートは任せとき!その代わり根性決めてついてこいよ〜。
Posted by しもっち at 2009年07月08日 02:26
明日から下川先生の電磁気特講を受講します。
予習やってて「結構いけるかな?」と思ったら、[4]-(3)(c)あたりから死亡しました(泣)
[5]とか見た瞬間に悪寒が走って、やってみたら案の定わかりませんでした・・・・・・。
この夏で電磁気を得意分野にしてみせます!!!

宜しくお願いします!!
Posted by ミド at 2009年07月12日 21:06
先生に教えて頂いた(京都南)ドップラーが非常にわかりやすかったです!いま松井先生の波動特講をとってますが先生の授業が生かされてる気がします♪
Posted by TERU at 2009年07月15日 10:47
しもっち先生、こんちゃっすです
ブログやられてるみたいなんでちょっと来てみました

夏期は物理頻出と電磁気を受けますよ
物理頻出のテキストがまるっきり去年と一緒で焦ったんですが
やはり、そこはしもっち先生だけあって
コツやつまづくところ、些細な疑問点にも目がいっててさすがやなと思いながら
また実演的でとっても楽しかったです(^^)/

そして電磁気!( ̄□ ̄;)!!
僕のレベルじゃ夏からの電気が丁度いいはずなんですが…、まぁどうしてもしもっち先生に習いたいんで
期待してます
よろしくです!

ちょっといくらか読ませてもらったんですが
20代だと思ってました(^^ゞ
いや、そう見えますよ
去年より格好良かったですし
雰囲気も物理ができるお兄ちゃんみたいな感じがするような気もしますし
授業中の落ち着きを見るとやりなれておられるから28くらいかな?と思ってましたけど

後、高校の先生の方がいいんじゃないんですか?に対する
しもっち先生のコメントにもちょっと感動しました
僕も予備校講師さんいろんなとこに移動してずっと授業やっててなんか大変だなと思ってましたし
しもっち先生、理の物理科みたいですし、和やかで温かみもあるから高校の先生もいいんじゃないのかな?って思ってましたが
(予備校講師さんも殺伐として冷やかなのはもちろん嫌ですけど
なるほど、そういう意識でやられてるんやなと
駿台とかだとやはり何人かは感銘さえ受けますし
本当に腕がいいだけじゃなくて授業自体が楽しい人もいますしね
何人かはこういうところ来ないと習えなかっただろうなと思える水準の方もいますし
(しもっち先生もそのお一人ですが
プロ意識持ってる方って素敵だなぁと

余談ですけど去年までおられて今、京大の助教やられてるらしい加納圭先生の化学凄まじく良かったです、講習1回切りでしたが、そういう方に習えると楽しかったですし
(しもっち先生には去年の大阪の重心系からずっとですが
他の方に習ったりもあり、特に理科は駿台に来てから難しくもありますがわりと楽しめるようになったと思いますね

しもっち先生を追って、大阪南さらに京都南、果ては神戸まで――
平時習えないのが残念ですが
講習、楽しみにしてます!(*^□^*)

長文失礼…
Posted by 高卒大阪生二年目…、講習は絶対しもっち先生 at 2009年07月16日 23:04
>ミドさん

【5】ね・・・あれギョっとするよね。

でも大したこと無かったでしょ?

ちゃんとした方法論があれば攻め攻めに点数を取りにいけるヨ
Posted by しもっち at 2009年07月20日 12:44
>TERUさん

それはよかったです。
どの分野もそうだけど、一度つかんでしまえばこっちのものって感あるよね。ドップラーマイスターになってください!
Posted by しもっち at 2009年07月20日 12:46
>高卒大阪二年目さん

ありがとう。

どの授業も楽しくうけてもらえるようがんばろうと思います。おたのしみに。

じつは36にもなっていますが、そういうてくれるなら28にしといてください(爆)

いろいろな先生がいらっしゃいますが、優秀な方が多くて刺激をたくさんいただきますよ。高校にも少し講師で行っていたことがありますが、予備校とはまた全然ちがったプロ意識が必要な世界ですね。そこでもとてもたくさんのことを教えていただいたと思いますよ。

世の中には見方によって吸収できる素敵なもので溢れています。ときどき忘れそうになることもあるけど、どんなことにもそこにどんな世界が広がっているのか、素直な気持ちで見つめてみる姿勢って大切だと思います。
Posted by しもっち at 2009年07月20日 12:56
高2スーパー物理受けてたものです!
なんか下にURL書いてあったので来てみましたぁ。。

で、早速(?)質問なんですケド…

授業中にやった問題なんですけど…。

8番、
(4)の問題で、

ばねののびが最大のとき、
加速度が最大

という理由は
分かりやすい解説で分かったのですが、

つまり………

最下点で加速度が最大になるということですよね!?

でも、最下点って、
速度が一端0になる点のことですよね!?

速さがないのに
加速度最大????????????

考えれば考えるほど
訳分からなくなってきます(汗


ど〜ゆ〜ことなんでしょうか?
教えてくださぁい!!
Posted by 虎 at 2009年08月16日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30355285
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック