2009年08月08日

南国

2泊3日で沖縄に行ってまいりました。
台風直撃でしたが・・・

しかし、まあ、晴れ男なんでしょうか。
海に行った3時間だけ、びっくりするくらい爽快に晴れて、空気中のチリが全部流されているからかもしれませんがものすごく爽快な景色でした。

雨が降るとお魚さんたちは浅いところにやってくるそうです。干潮とも重なり、熱帯魚でいっぱいの海を体験できました。


DSCF0603.jpg

「おいおい・・・人が受験で苦しんでいるときに・・・」とか聞こえてきそうですね。。。

でも、来年みんなは長〜い夏休みを満喫できるよね。だって大学生になるから!なりたいじゃなくて、なるんだよ!絶対楽しい夏がまっているから、気合を入れて合格をつかみにゆくのだ!ということで、これからまた一緒に頑張りましょう!
posted by しもっち at 20:35| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。1つ前の期間に電磁気特講を受講した者です。

沖縄良いですねー!!夏の沖縄は最高だと思います!!
僕も来年は楽しい夏休みを過ごしたいです。そのために残りの夏休み後半、もう一度気を引き締めて頑張ります!!
Posted by しょうた at 2009年08月09日 07:54
>しょうた さん

沖縄は関西では見られないような景色見られて良かったですよ〜。

大学生の夏休みは格別な楽しさがあるよ。いまからものすごく楽しみにしてていいと思う。そういうのがモチベーションにもつながるしね。
Posted by しもっち at 2009年08月10日 17:32
沖縄、うらやましい限りです

ところでレギュラーの授業を受けさせてもらっている限り先生は微積分を多用されていますが
興味がわいたので「微積で解いて得する物理」という本を読んでみました
http://www.amazon.co.jp/gp/product/427450218X/ref=ox_ya_oh_product
そこで質問なのですが受験レベルの力学の問題のを解くに当たって公式を使わずに
大学などで用いるらしい変位をx、速度をxドット、加速度をxツードットとして解くことに関してどう思いますか?
またそのような解法は今からでも間にあうのでしょうか?
Posted by Chikani- at 2009年08月11日 23:29
>Chikani-さん

沖縄良かったですぜ!

解法についてですが、通常授業ではそれほど微積分は使っていないはずですが・・・?

まあ、オプショナルな解法として紹介している部分や、一部理解の助けとなるように紹介している部分はありますね。

でも、興味を持って勉強してみたくなったというのは素晴らしいことだよ!そんな自分の「力」を誇りに思っていいと思う。大切にして欲しいところです。


さて、本題ですが、微積分を含めその他のオプショナルな手法は、適材適所に使って欲しいんです。とくに微積分に関しては、どんな問題も微積分で押し通そうとする人が時々見受けられます。広く物理一般を勉強するにはあったほうがよいというか、無いと困るくらいの代物なのですが、受験物理の範囲に限っては、わざわざ微積分を使うとかえって複雑難解になる場合も多々あるわけです。なので、どのような問題で使うと便利なのかを知る必要があります。というか、どのようなときに使いたいのかという動機をもてることが重要です。それが湧かないならば無理をして使う必要性はないです。

多くの場合、なにか「一定でないもの」や「一様でないもの」を扱うときに、どうしたらよいのか・・・と行き詰まり、そんなとき、微小に分けて考察をすれば「一定なもの」や「一様なもの」を扱うのと同様な考察(微分)が出来、それの総和をとる(積分)ことで全体が考察できると気付きます。「では、やってみよう!」となる。こんな感じの動機が一番多いと思います。

また、Chikani-さんのように、「興味が湧いたから使ってみたい」というのも非常によい動機です。この場合はいろいろな問題を微積分で押し通すことをあえてやってみてもよいと思います。なぜなら、「それをやりたい」という気持ちがあるから。ただし、ある程度の期間におさえてください。きっと興味を持って自分から勉強できるような力を持っているのだから、すぐに何処でつかうのがオイシイのか?を見抜けるようになってくると思います。そうなったら、まさしく適材適所使い分けられるようになると思いますよ。いいきっかけをつかんだので、トライしてみると良いでしょうね。

ドットを使った書き方は、あくまで書き方のひとつなので、気に入ったらつかったらよいと思います。
Posted by しもっち at 2009年08月13日 00:42
電磁機特講を受講したものですが
おかげさまで電磁機分野はテキストを復習した後で,いろいろな問題に2〜30問ほど当たった結果,最も苦手だった電磁機の分野が二週間程でかなり出来るようになりました(^O^)/
でも,実はまだ,苦手だった力学が解法を覚えるだけの非常にまずい状態のままな気がします……
残り二週間程の貴重な夏休みをどうすればいいでしょうか
ぜひとも教えてください
Posted by Kからの使者 at 2009年08月14日 11:27
今日重心系受けました☆感動☆感動☆☆
すご-い(・ω・)解くの速い速い三 (/ ^^)/

ありがとうございます!

話は変わって...
熱の分野がいまいちパッとしないといいますか
問題見て
「...へ???」って
よくなります
レベルは相当低いと思いますが
何をどうすれば...(汗)

PV=nRTは理解しました。
ΔUとかになると
思考停止します。

ああ、もう夏終わっちゃう(((゜д゜;)))
Posted by 火の鳥JAPAN頑張れ at 2009年08月15日 20:50
赤本シリーズで阪大の物理20ヶ年をやってて思ったんですが
2003年や1992年の熱力学にはγを用いた問題【ポアソン?】が出題されています。僕達の学校では京都以外は必要ないということで習わなかったんですがその問題はとばしてもいいですか?
Posted by TERU at 2009年08月18日 23:35
はじめまして
下川先生の物理総合研究と重心系を受講した者です
かなりわかりやすかったです
レギュラーで先生の授業がないのが残念です
ところで僕は最新の技術や身近な現象をモデルにした問題を解くことが好きです
京大や東大の問題にはそういったモノが多いので解いてみたいのですが、やはりそれより通常の問題集を解いていった方が実力UPにつながりますか 教えて下さい
Posted by 化学より物理派 at 2009年08月20日 00:37
いいっすね沖縄。
いきなり授業と全くないこと質問します。
僕は自転車が大好きでして、乗るのはもちろん修理もほとんど自分でやってます。
今パンク修理でゴムハンマーを使ってたときになんとなくゴムハンマーでコンクリートの床を叩いたんですが、なんか叩いた瞬間に押し返された感覚になりました。
これって「完全弾性衝突」になるんですか?
身の回りのことですいません。
Posted by 野球熊 at 2009年08月21日 08:09
>Kからの使者さん

講習役立ったようで何よりです。
力学が苦手のままではまずいので、きっちりとした演習を重ねて欲しいですね。人にもよりますが、苦手分野のある人は、

1.定義がきっちり覚えられていない用語が多い。

2.式や法則の使用可能な条件を把握できていない。

3.完全に記憶できている典型的な問題が少なすぎる。

という人が多いです。これらを克服課題にしてみるとよいと思います。あと、問題を焦って一気に読むあまり理解できていない人もいます。おちついてゆっくりと読むことも必要ですね。
Posted by しもっち at 2009年08月30日 00:40
>火の鳥JAPAN頑張れさん

重心系、うまく使うとスッキリ解けるでしょ。是非活用してください。

熱の分野は、問題のパターンがわりと限られているのでいくつかのパターンをしっかりと覚えこむと結構つかめてしまいます。熱力学第1法則をもろに使う分野は後期にやりますので、そこでしっかりと勉強してみてください。
Posted by しもっち at 2009年08月30日 00:43
>TERUさん

事実上必要だと思います。後期にやりますが、しっかりと勉強して把握してください。一見ややこしいですが、パターンは割りと決まっているので、丁寧に勉強すればそれほど恐れる必要ないですよ。
Posted by しもっち at 2009年08月30日 00:45
>化学より物理派さん

講習、役に立ったようで何よりです。
しっかり復習してみてね。

モデル問題はなかなか難しいように思われがちですが、誘導が多いので、誘導にうまくのればかえって解きやすい問題も多いです。興味を刺激されるならそれはとてもよいことなので、どんどんやればよいと思います。でも典型問題も大切です。ようはバランスなんです。どちらかに偏ってしまわないようにうまくバランスをとりながら勉強してみてください。そのバランスが難しいという人もいますが、興味をもつことが出来ない人にそれをやれといってもたしかに難しいかもしれませんが、君の場合は既に興味を持って勉強できているので大丈夫なはずだよ。
Posted by しもっち at 2009年08月30日 00:50
>野球熊さん

おお!なかなかいい考察をしているね!
完全弾性衝突というのではなくて、跳ね返り係数が大きいといったほうがいいだろうね。でも、それ、ハンマーをどこを軸にしてどう振り下ろしているかにも大きく関係あります。そういったことにも注目するとより複雑だけど、より面白いと思うよ。そんなところに自ら興味を持って考察できるって素晴らしいと思う!ナイスだ!
Posted by しもっち at 2009年08月30日 00:53
電磁機特講のテキストとプリントを教科書代わりに夏休みは重要問題集が熱,電磁機分野で,はかどったので充実した夏休みを過ごせましたm(__)m
また,力学がんばります(^O^)/
Posted by Kからの使者 at 2009年08月30日 18:41
>Kからの使者さん

充実感を持った夏がすごせたというのはとてもいいことだね。後期もその調子でしっかりとがんばろう!
Posted by しもっち at 2009年08月30日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31164972
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック