2009年12月06日

スピードアップ!

みなさんこんばんは!
後期も終わり、いよいよ冬期講習が始まります。あっという間にセンターがやってきて、すぐに私大、そして国公立二次試験と続きます。いよいよですね。頑張りましょう!

さて、最近多い相談ですが、スピードアップについて。以前のブログの返信でも書いたりしているのですが、改めて。。。

スピードがたりない原因はいろいろありますが、まず基本的な部分をチェックしましょう。

【1】早読み(流し読み)の禁止
 早く問題を読んで解答に着手したいという気持ちは痛いほど分かります。しかし、そのあまり自分が文章を理解できるスピード以上に早読みしてしまい、結局アタマに入ってこずにもう一度読み直す必要が出てくるという人がいます。これでは本末転倒!
 そこで、おもいきってゆっくくり読んでください。スピードを落とすだけでなく、短文に区切って短文ごとに内容を確認して読むのです。

たとえば、

図1に示すように、磁束密度Bの鉛直上向きの磁場中で電子を速さvで水平に打ち出したところ、半径Rの等速円運動をした。

という文章を、

図1に/示すように、/磁束密度Bの/鉛直/上向きの/磁場中で/電子を/速さvで/水平に/打ち出したところ、/半径Rの/等速/円運動/をした。/

というようにぶつ切りにして読みます。はじめはスラッシュを打っていくとより意識できると思います。さすがにどれが図1なのか、どこに示されているのか、磁束密度はXではなくAでもなくBであるだとか、鉛直で(水平とか斜めとかではない)、上向き(下向きではない)とかいうように各短文(文節)の意味を捉えていくと簡単です。長文は難しいですが、長文は短文の集合です。まず短文で確実に捉える練習をします。慣れてきたら区切る区間を少しずつ長くします。これにより自分がどのくらいまでの長さの文章なら容易に把握し切れるのかという限界がわかってきます。ある程度の限界が見えてきたとき、その限度の長さ以内の区切り方で文章を捉えるようにしていくと、区切りすぎによる長時間化を避け、なおかつ、読み返しの必要が防げる事による高速化が得られます。また、しっかり理解して文章を読んでいるため、ボンミスや勘違いも減らせます。

【2】作図
 多くの人がやってしまいますが、テキストに掲載されている図には書き込みしないのに、テストに掲載されている図にはその図に書き込みをしてしまいます。図を描く時間が省けるからでしょう。しかし、そこに落とし穴があります。図を自分で描いてみると、図を描くという行為によって状況把握をかなり深くすることになります。図をきっちり描くのが難しいのは、実は図にはかなり沢山の情報が含まれているので、それをきっちり盛り込んで描くのは慣れていないと難しいということに起因します。しかし、それをきっちり練習してください。まだ本番までには時間があります!図を描くことで得られる深い状況把握は、描図後の解答作成をスムーズにし、結果的に時間短縮を招くことが多いのです。

【3】作図手法
 丁寧に図を描こうとすると、ゆっくりと線を描いてしまいます。しかし、多くの人はそれをするとぶるぶるとした線になってしまいあまり綺麗に書けません。なので、始点にペンを当てたら、終点に目をやり、そこにめがけてビューッと線を引いてみてください。始めは難しいですが少しなれるとかなりのスピードで綺麗な描図をすることが可能になります。

【4】文字
 文章を書くときに非常に汚い乱筆の人がいます。きっと、速く書こうとした結果、字が汚くなるのだと思います。しかし、一度実験してみてください。

たとえば、

物体A、Bの運動方程式の水平成分と鉛直成分をそれぞれ書くと式(1)〜(4)のようになる。また、物体AとBの系についての力学的エネルギー保存則の式は、式(5)のようになる。

という文章を、グチャグチャの字でよいので全速力で書いてタイムを計ってみてください。そして、まったく同じ文をそれなりに丁寧な字で書いてタイムを計ってみてください。人にもよりますが、実はそれほどタイムに差が無いことが多いのです。

なので、それなりに丁寧に書きましょう!整然とした記述答案を書くことが可能になり印象も良くなりますし、自分の中でも整然とした整理された論理展開が出来るようになり、大問全体としてみたときに、トータルでは高速化につながっている場合も多いのです。






さて、このようなことが意識できた上で・・・・



自分の受ける大学の問題でやってみて欲しいことなのですが(というのもテンションが俄然UPするので)、特定の年度の問題を何度もやってみてください。

ただ単に何度もやるのではなく、

【1】いかに早くできるか(タイムアタック)
【2】いかに美しく答案が作れるか

を強く意識してやってみてください。

一度やったことがある問題であれば、解き方を知っているわけですから出来て当たり前です。しかし何度もやるとかかる時間が短くなります。しかししかし!回数をある程度重ねると、もうこれ以上は早く解くのは無理という限界が訪れます。そのタイムが自身の解答作成の限界スピードです。

はじめてみる問題ばかりやっていると、解答をスムーズに作成するという鍛錬は一切なされないため、たとえ物理の力があったとしても、答案作成力の低さのために低迷してしまいます。そこで、このような練習をするのです。これは答案作成力の向上を目指すための鍛錬ですので、問題が新しい必要はありません。むしろ、話の流れが十分把握で来ていているほうがよいです。把握できている話をいかにスムーズかつ整然と答案としてまとめられるか。それが答案作成力です。

この練習を是非やってみてください。3年分くらいでやるのが理想的ですが、時間が無ければ2年分でも1年分でも良いです。

その上で別な年度の問題など、はじめてみる問題をやってみましょう。もちろん人にもよりますが、答案作成力が向上している分、時間が足りないという要素からは解放される可能性が高いですよ。

さ、がんばろう!
posted by しもっち at 01:35| Comment(10) | TrackBack(0) | お勉強
この記事へのコメント
下川先生 こんにちわ講習会でお世話になるであろう京都校生です。
ぼくは現役の時から物理をやっているのですが、この時期になってもセンター物理で躓いてしまう自分に腹が立ちます。 ところで、センター物理の過去問って新課程と旧課程で別れていてどうやってやっていけばいいですか?
Posted by コリオリ at 2009年12月06日 14:31
久しぶりにアクセスしてみたらまさに聞きたかったことが!!
最近の模試で、時間配分をちゃんとできなくてうまくいかなかったことが多かったので、
めちゃくちゃ参考になりました!
ありがとうございます♪これからやってみます★

Posted by ぴよ at 2009年12月06日 22:40
>コリオリさん

旧課程と新課程はテストの範囲だけでなく出題形式(大問数や問い方など)がだいぶ違います。なので、時間を計ってやるのは新課程分と青本などの新課程対応のテスト演習型問題集でやってください。旧課程の分をやってみようという場合は、範囲が新課程とかぶっている部分を個別にやればよいですね。
Posted by しもっち at 2009年12月07日 02:22
>ぴよさん

おお!タイムリーに参考になってよかった!
これが全てではないけど、ひとつの重要な注目すべき点だと思います。是非日々の学習に取り入れてみてください。ハイスピードで高精度な得点家を目指そう!
Posted by しもっち at 2009年12月07日 02:25
今,現時点で府立医か奈良県立医大か滋賀医大を目指しているんですが,,最近センター対策と平行してス−パー物理の復習もしつつ京大実践やオ−プンの過去問をやっていたのですが先日友達に「受けないのになんでやってるの」と聞かれました。。私は形式が好きなのでやっているのですが(ちなみに二回目の実践も何故か受けました),この私の行いはお門違いなのでしょうか??
ぜひとも教えてください
Posted by Kからの使者 at 2009年12月08日 00:27
>Kからの使者さん

京大を受けなくても京大実戦などを利用して力試しをするなどは有効ですし、京大実戦は良問が揃っているので、良質な問題で学習するという面では決して間違いではありません。

ただし、京都府立医大は問題が易しいので難易度や形式などの面で大幅にズレがあるので対策としては最適ではないでしょうね。奈良は問題は難しくは無いものの形式がそれなりに似ているという点、滋賀医大は難易度が似ているという点で対策には最良なチョイスのひとつになります。

ところで、京都府立医大と滋賀医大はセンターの必須理科科目数が2科目ですが、奈良医大は3科目だったはずです。そのあたり、きっちり把握していますか?必要科目数の都合で同列には扱えませんよ。
Posted by しもっち at 2009年12月08日 01:33
ご指摘ありがとうございます。。

理科の生物は夏休みくらいから頑張っているので大丈夫です(笑)今年現役で受かってみせます。。。
Posted by Kからの使者 at 2009年12月08日 07:26
>Kからの使者さん

よっしゃ!がんばれ!
Posted by しもっち at 2009年12月08日 22:12
今の時点では私立を一つ、国立を二つに絞っています。
こんな場合は各学校一年分づつやった方がいいですか?
それともセンター後に一つに絞ってからの方がいいですか?
Posted by まずは国語なのですが… at 2009年12月13日 23:52
>まずは国語なのですが… さん

いろいろな意見はあろうかと思いますが、受験希望校の過去問を一度もやったことがないというのはダメだと思いますよ。少なくとも1年分はどの学校もやってみましょう。できればもっとやったほうがいいと思いますが。
Posted by しもっち at 2009年12月14日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34035406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック