2011年04月20日

神戸校(火曜日)の初日

こんばんは。
今日は神戸校でした。神戸校には週に2回出講していますが、火曜日は今日が初日でした。
 ☆MAクラスのパワーUP医系物理
 ☆SA・SBクラスのパワーUP東大物理
 ☆高3ハイレベル物理
でした。

パワーUP医系の演習では、かなりよくできていて、時間内に完答する人も少なくなく、追加問題も出すくらいでした。

パワーUP東大物理のクラスも流石ですね!演習の問題のレベルも高いですが、それに対するみんなの答案もかなりレベルの高いものを感じました。

しかし、どちらのクラスでも「あ〜ぁぁぁ、オシイなぁぁぁ、」という解答も結構見受けられました。演習の授業は解説に避ける時間も短いのですべてを懇切丁寧にというわけにはいかないですが、毎回ポイントをしぼって得点力UPにつながりそうな部分を重点的に補強していきたいですね。みんな、よくできますが、さらにさらに上を目指すべく、しっかりついてきてください。次回も強化ポイント盛り沢山ですよ〜!

高3ハイレベル物理は、去年まで2時間の講座でしたが、今年から3時間の講座になりました。なので、より重点的な学習指導ができるようになりました。ここぞ、得点力につながるポイントだ!という部分を中心に、丁寧に授業しますので、しっかりついてきてくださいね。今日ははじめということもあり、すこしゆっくりやりましたが、次週から少しペースが上がります。そして、次週は重大なテーマ「運動方程式」です。解法をシステム化することでいつも同じように攻められるようになります。さて、楽しみですね。


明日は、京都南校のSAクラス、SBクラス、京都校の高2スーパー物理の初日です。
そして、ようやく1周目が終わりますね。
posted by しもっち at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | お勉強
この記事へのコメント
>下川先生、浪人も良い経験さん

2つ前の記事にコメントした者です。

誤解を招く表現で失礼しました。
僕は大阪南校ではなく、大阪校に在籍していて下川先生が物理の授業の担当ではありません。
大阪校の医系集中を担当されている下川先生とは別の先生が正直あまりわかりやすい授業でないと伝えたかったんです。
決して下川先生がわかりにくいなどと言いたかったのでははありません。
誤解を招く表現で申し訳ありませんでした。

僕も現役時代は下川先生の授業を受けたことがあったので先生が担当でないのが非常に残念です
やはり下川先生の授業が一番だと僕も思っております。わかりやすい授業だしポイントをしっかりおさえた素晴らしい授業です。点数に直結する実戦的な下川先生の授業が受けたい限りです。
大阪南校ではないので下川先生にお会いすることもありません。
そのためこうしてここで質問させて頂いてる次第です。
先ほどの記事に細かく方針を示して頂き、ありがとうございます。先生のおっしゃる通り、現役の時は、よくわからない学校の授業がメインだったので「とりあえず公式」といった勉強しかできていなかったように思います。だから思うように点も取れず、物理が意味不明になり、どんどん理科嫌いになってしまったように感じます。去年は講習等でしかお世話になれなっかたので、先生の担当されていた各週のスーパー物理を受ければよかったと後悔しています。
アドバイスして頂いた通り、まず好きになる努力をしたいと思います。
また、問題集は基礎的なことも載っていて、それなりに解けるものをやろうと思います。
物理のエッセンスあたりでも初めは大丈夫でしょうか?

また、難しい問題は授業に任せたいのですが、先ほども述べた通り、大阪校の医系集中を担当されている下川先生とは別の先生が正直あまりわかりやすい授業ではないのです…。
露骨に名前をあげることはできないのですが、授業を聞いてもあまりわからない先生なのでかなり困っています。時間割の関係で質問にすら行けないんです…。本当に困っています。
授業がいまいちでも、夏期講習などで一通り履修すればなんとかなるものなのでしょうか?
また大阪校であっても大阪南校のTAには申し込みはできるのでしょうか?

度々長文による質問で申し訳ありません。
Posted by 浪人生 at 2011年04月20日 22:47
>浪人生さん

僕も読み違えてたのですね。ごめんよ〜。
大阪校の担当はたしかにないので、通常授業やTAで浪人生さんや、他の皆さんを受け持つことはかなわないですね。大阪校も担当があればよかったのですが。

駿台にはいろいろな先生がおられますが、会議などでご一緒させてもらっても、ほんとに頭の切れる優秀な方だな〜と思わされることが多いです。僕自身もそういった先輩方に沢山のことを教えていただきました。話し方や解法など、先生によって少しずつ違うかと思いますが、きっちり研究して授業されておられるはずなので、ついってって間違いないと思いますよ。

普段の授業の積み重ねがもっとも重要です。それがあってこそ講習が生きてきます。

週末あたりに、夏期講習の担当講座について書こうと思っていますので、また参考にしてみてください。講習に参加してくれたとき、ふだんの学習がしっかりできていると、すごく成績を引っ張ってあげやすいですね。

問題集については、書いてくれているもので問題ないと思います。

ただし、一冊を完璧にという方針はおすすめしないので、何冊かあるといいと思います。そして、すいすい解けるところからやってください。つまった問題はとばしてしまってもよいです。気分良く解けるというのを沢山体験して、気分を載せてしまうことも大切だったりしますからね。
Posted by しもっち at 2011年04月21日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44448688
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック