2011年09月22日

後期スタートと特別授業と冬期講習など

みなさん,お久しぶりです.
夏の後半から忙しくてずいぶんあいてしまいました.またボチボチと書いていきますね.
秋は模試や特別授業等,イベントが盛りだくさんですね.上手く利用して学力UPにつなげてくださいね.

先日,僕も京都校での特別授業を担当させてもらいました.コンデンサー回路の攻略法についての授業でした.夏期講習の電磁気特講HGを取ってくれた人は,そこでもある程度やったことでしたが,例題を増やしてもう少し突っ込んだところまでやりました.京都校生用授業でしたが,少し問題のお裾分けです.是非トライしてみてください.さて,出来るかな〜?

コンデンサー回路の問題.jpg

ガチで方程式を解くのもよしですが,(1)(2)は比を上手く使うと簡単に解けますよ.(3)は比で簡単に・・・というわけには行かないんですが,比で簡単にってのが無理というところを見抜けるかどうかというのも1つのポイントです.その上で,文字の置き方を工夫すると比較的容易に解けますよ〜.

略解はこちら
コンデンサー回路の問題の解答.jpg


ほかにもいろいろな先生方が各校舎で特別授業をされておられますね.積極的に利用して欲しいと思います.




さて,すでに予約日は終わりましたが,冬期講習のお話を少ししておきましょう.良かったら参考にしてみてください.大学別でない一般講座でセンター前の設置講座について紹介してみます.

【物理総整理】
標準問題を中心に全分野をまんべんなく扱う講座です.難問が出題されない大学の対策にはちょうど良いと思います.この時期になると,偏差値ランク的な難易度ではなく,実際の入試問題の問題としての難易度に対応した演習が効果的です.たとえば,神戸大学や大阪市立大学などは偏差値ランク的にはかなり高いですが,出題される問題自体は標準問題までのことが多いですから,こういった講座が適しているでしょう.(神戸校と京都校,京都駅前校で担当します.)

【物理総合実力完成HG】
比較的高難度の問題を中心に全分野をまんべんなく扱う講座です.旧帝大クラスをねらう人にはお勧めです.また,中堅といわれる大学でもかなり高難度の問題が出題されている大学もあります.自分の受ける大学の過去問をよく見て,難易度にあったチョイスをしてください.(京都南校と豊中校で担当します.)

【電磁気特講HG】
夏は電気に重きを置いた講座でしたが,冬は磁気分野に重きを置いた構成になっています.電磁誘導はもちろん,交流回路を含め,頻出分野の徹底理解のための講座です.とくに磁気の分野は最頻出分野である上に後半で学習するため演習量が足りずに不安を抱えてしまうことが多いですね.そんな不安も解消出来ると思いますので,どんな人にもお勧めですね.(京都校と京都南校で担当します.)

【センター物理】
センター形式の演習+解説授業という形態が4日間行われます.センターの練習をしたい人にはお勧めです.(担当はありません.)

【物理ファイナルアタック】
こちらはセンター対策なのですが,演習ナシの講義形式です.演習ではなく講義形式が好きな人で,2日間という短期間でまとめたいという人向けです.(神戸校,京都校,京都駅前校,名古屋校で担当します.)

【センタープレ物理】
センター直前に1回,センター形式の演習+解説授業でセンターの練習をしようという講座です.(担当はありません.)

直前講習については,また近いうちに紹介しますね.
ではでは〜.
posted by しもっち at 13:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 講習会
この記事へのコメント
京都校にそんな特別授業があるなんて羨ましいです!
他校舎での特別授業はどんなものがあるんですか?

それと、電磁気特講はどのあたりの大学に焦点を当てた講座なのでしょうか?
Posted by Mac OS at 2011年09月28日 22:27
>Mac OSさん

他校舎では担当は僕ではないですがセンター対策講座などいろいろあるみたいですよ.

冬の電磁気特講はどのあたりの大学というよりも,電磁気の分野のあやふやになりがちな部分を中心に最終の確認とそれに基づく応用の練習という感じです.

あえていうなら,中堅〜阪大くらいでしょうが,世間一般の偏差値ランキングと実際に出題される問題の難易度は比例していないこともあるので大学によりけりですね.具体的に相談があれば,また直接質問に来てくれてもいいですよ.
Posted by しもっち at 2011年09月29日 11:15
しもっち!
なんか突然でごめんなさい

この記事とはあまり関係ないことかもしれないですが一つ悩みがあって
しもっちからちょっとアドバイスをもらいたくてコメントしてしまいましたが

その悩みとは
模試本番になると
演習で身につけた解法を
ド忘れしてしまうことです
普段いつも解いてるのに
本番になった瞬間思い出せない…

(例えばローレンツの螺旋運動とかコンデンサ解法とか)

そこで何でだろうと考えたんですけど
やっぱり問題の演習量が少なすぎるがために
まだちゃんと頭に定着していんだな
という結論に至ったんです ちなみに僕の今の勉強やり方としては同じ問題をとにかくひたすら何度も何度も何度も何度も繰り返して解く

ってな感じなんですが
やっぱりここに原因があるんじゃないかなと……


やっぱり一問を究極に完璧になるまでひたすら繰り返して解くより 数をできるだけ多くこなすやり方の方がいいんですか??


ちなみに阪大志望です

だから標準レベルの問題は落とせないんですが

その標準レベルの問題の演習教材で

物理のエッセンスか
実戦物理T・U重要問題集(数研)
か迷ってるとこなんですがもしこっちのがオススメだぜ ってのがあれば是非教えてぐたさい

お願いします
Posted by プリン at 2011年10月16日 23:26
>プリンさん

この時期であれば過去問をやり始めてください。そして、その癖や量、難易度などに慣れていってください。それがかなり重要です。

また、問題集は一冊に決めるのではなくどちらもやったらいいと思いますよ。これも一からやるのではなく、ランダムにやったらいいと思います。

それから、本番に強くなるためには、普段の演習も本番のような緊張感でやってみてください。時間制限をもうけてトライしてみます。目標点を例えば70点としましょう。配点は均等配点で結構ですから、ざっと採点してみます。オシイミスでもあえて厳しく×にしましょう。

そして、目標がクリアできなかったら自分を非常に強く攻めてみましょう。もちろん、やり過ぎて鬱になったりしないようにね。で、クリア出来た場合には「大喜び」してください。ここ重要です。凄い笑顔でこぶしを振り上げてガッツポーズとか取ってもいいです。

実際にいい結果を出してその喜びを味わった経験というのも重要なんです。その味を知っているとモチベーションは下がりませんし、吸収の効率も良かったりします。

演習に何を使うかも重要ですが、それ以上に自分がどのように演習しているかというのも重要だったりするものです。
Posted by しもっち at 2011年10月25日 22:40
物理実力総合完成HGを取るかどうか迷っていて、検索したら下川先生のブログにありつきました。

だいぶん過去に書かれたものとは分かっていますが、もし僕のコメントに気づいたら返信お願いします。

九州大学の物理の試験のレベルは先生的にはどのレベルですか?
物理実力総合完成でちょうどいいのか、レベルが合わないか教えてください。

在籍校舎の難関国公立大学理系コースに集中コースが無く、パワーアップ授業が受けられていないため、物理の演習が足りないのではないかと大変不安です。
なので、テスト演習講座の物理実力総合完成をとるか迷っています。

もしよろしければお願いします。
Posted by りょうた at 2014年10月11日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48075669
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック